×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乾燥性敏感肌

乾燥性敏感肌の改善法 季節の変わり目からのスキンケア

乾燥性敏感肌

乾燥肌だったのが突然、乾燥性敏感肌になってしまった。ということはありませんか? きっかけは季節の変わり目の花粉や化粧品だったりすることがあります。乾燥肌といえば、角質層に水分がキープされずに、うるおいが持続しないお肌のことですよね。かさつきがあったり、肌がつっぱる、化粧ノリが悪い、お肌のキメが粗い、肌荒れさえ起こしてしまう肌質です。だからこそ、保水・保湿が大切になるわけです。 もちろん、水分を補ってもそれだけでは蒸発してしまいます。乳液やクリームでフタをして、水分を逃がさないようにしなければみずみずしい美肌にはなりませんからね。化粧品で選ぶなら、さつぱりタイプよりもしっとりタイプになります。 洗顔石鹸での洗いすぎには気をつけてください。クレンジング系や洗浄力の強い石鹸を使うと、余計に乾燥がひどくなってダメージ肌になってしまいます。 もちろん、毛穴に石鹸の残りカスなどを残さないようにしてくださいね。後で、炎症や吹き出物、大人ニキビを招かないとも限りません。 敏感肌の肌質が加わるとなると、化粧水選びも慎重に行わねばなりません。まず、お肌にやさしい無添加、オイルカットされた化粧品を選びましょう。パラベンなどの防腐剤、鉱物油などが入っていると刺激になって敏感肌が反応します。低刺激性のコスメにしてください。角質層のセラミド不足で、保水が持続しないようなら補ってください。配合されている化粧品を探してみましょう。うるおい感があって、透明感のある化粧水に出会えるといいですね。

 

リンク集|123

Copyright © 乾燥性敏感肌の改善法 季節の変わり目からのスキンケア All rights reserved

健康食品被害